松浦市とその周辺を楽しむブログ

長崎県北から福岡までの九州北部の情報をメインに書きます。

リクルートエージェントの評判は?【長崎県、福岡県での転職】

 

リクルートキャリアに登録しないで、どこに登録するの?

転職するなら【転職エージェント】は必須!

インターネット上の転職支援サイトは色々あります。
その中でもっとも有名で規模が大きいのが【リクルートエージェント】です。

求人数も圧倒的に多いです。

怪しい転職サイトではありません。
自動車メーカーならトヨタ、住宅メーカーなら積水ハウスのようなものです。
安心して利用できます。

新卒の就職でも、経験者の転職でも、まずここに登録するのが王道でしょう。

長崎県、福岡県での転職は?

求人企業の少ない地方でも、まずは転職エージェントに登録しましょう!

九州北部(福岡県・佐賀県・長崎県)では、関東・東海・関西などに比べ企業が少ないです。
しかし、実は隠れた優良求人も多くあります。

ハローワークに通い詰めても、上場企業などの高待遇求人は出ません。
「まずは転職エージェントに登録して、ダメなら他の方法を考える」というのが転職成功の近道です。

知らなきゃ損、登録しなきゃ損です。

「リクルートキャリア」と「リクルートエージェント」の違いとは?

株式会社リクルートキャリア

「リクルートキャリア」は企業名です。

就職・転職支援業界の国内トップ企業です。

企業の採用活動に対して、「新卒」や「中途」の人材紹介・転職支援サービスを展開しています。
親会社は「リクルートホールディングス(持ち株会社)」です。

転職支援サービス「リクルートエージェント」

「リクルートエージェント」はサービス名です。
企業名ではありません。

「リクナビNEXT」と「リクナビエージェント」の違いとは?

転職支援サービス「リクナビNEXT」

リクルートキャリア社が提供しているもうひとつの転職支援サービスです。
2つのサービスには以下のような違いがあります。

サービス名 支援内容
リクナビNEXT Webで求人を検索・閲覧し、web上から直接、企業に一括応募ができる。
【リクルートエージェント】
転職エージェントを介して優良求人を紹介してもらう。応募の際も企業側の事情や面接のコツなど、相手に合わせた的確なアドバイスしてくれる。

もう少し詳しくいえば、以下のような違いです。

サービス名 エージェント 応募方法 企業とのやり取り
リクナビNEXT いない ウェブ上で検索し、自分で応募する
もしくは、受け取ったオファーに対して返信する
自分で行う
【リクルートエージェント】 いる エージェントからの提案を受けて、エージェント経由で応募する エージェントが行う

 

「リクナビエージェント」は間違い!

「リクナビエージェント」という言葉を聞きますが、これは間違いです。
おそらく「リクナビnext」と「リクルートエージェント」の違いが分からず、ごっちゃになったんですね。
両者の違いは前述の通りです。

「転職エージェント」って何?

転職希望者と採用企業の間に入って、両者の架け橋となって調整してくれる人です。

転職活動を転職エージェントとマンツーマンで行うのが特徴です。
専任のエージェントが実際にあなたと会って話をして、手持ちの優良企業求人を紹介してくれます。

お金がかかるの?

応募者がお金を払うことはありません。
採用が決まった場合は、採用企業から転職エージェント企業にお金が支払われる仕組みです。

リクルートエージェントの評判は?

転職者から見たリクルートエージェントの評判は良いと思います。
他にも転職支援企業がありますので、好みもあると思いますが、人気は高いです。

転職エージェントを利用して転職活動をする方は、まず最初にリクルートエージェントに登録すると思います。
大手で昔からある企業ですし、なんてったって「リクルート」ですからね。
口コミなどの情報も多いので、心配なら調べてみると良いです。

企業側の評価も高い!

大手企業の中にも、採用活動自体をリクルートキャリアに任せている大企業も多いです。
比較的規模の大きい企業への転職を望む方は、おのずと同社との出会いの場は多いと思います。

他の転職サービスは?

関連会社の「株式会社リクルートメディカルキャリア」では、医療関係者専門の転職サービスを行っています。

サービス名 内容 サイト
リクナビ薬剤師 薬剤師専門の転職支援サービス

 リクルート
ドクターズキャリア
医師専門の転職支援サービス

 ナースフル 看護師専門の転職支援サービス

 

医療関係の転職サイトの中でも、やっぱりリクルートがおすすめです。

リクルートエージェントにて求人を紹介してもらう手順

1、Webで登録する。

まずはWebから登録を行います。

⇒ 【リクルートエージェント】

2、転職エージェントとの面談日を決める。

まずはエージェントとの面談の日程を決めます。
日時はこちらの希望を聞いてくれますし、遠方だと電話面談でも対応してくれます。

この時に企業に応募する時に使う書類を準備するように言われます。

3、企業に紹介するための応募書類を作成する

面談までの間に応募書類に相当するものを作成します。

履歴書、業務経歴書あたりです。

通常は応募先企業のニーズに合わせた自己PRを記入しますが、この段階では応募企業が決まっていないので、応募書類の内容は汎用的、一般的なものになると思います。

但し、エージェントから「すぐにでも紹介したい案件があります」と言われて応募する場合は、相手企業に合わせた内容の書類を至急作成する事になるかもしれません。

いずれにしてもエージェントが内容を添削してアドバイスしてくれますから、難しく考えなくて結構です。

4、エージェントと面談する

それまでは電話やメールでのやり取りですが、ここで初めて転職エージェントの方と顔を合わせます。

面談はリラックスムードで雑談も交えながら行われると思います。

そして、面談の後に紹介できそうな求人を紹介してもらえると思います。
良さそうな求人があれば、募集の背景や待遇、社風、雰囲気など詳しく教えてもらえます。

エージェントとの関係は大切

以後、「どんな求人を紹介してもらえるか?」、「どんなサポートをしてくれるか?」はエージェントとの関係次第です。

実は応募先企業での面接と同じくらい大切な面談です。
笑い話など和やかな雰囲気もあるかもしれませんが、最後まで気を引き締めて失礼のないように誠実に対応しましょう。

ここで良い関係を築ければ、その後が楽になります。

企業を紹介してもらう

求人に関しては、エージェントが持っているすべての求人を紹介してもらえるとは限りません。

あくまでエージェントが「マッチしている」、「可能性がある」と思った求人だけです。

エージェントもプロですから、無駄な時間は使いません。
同じ求人に応募を希望する人が10人いたとしても、相手企業の好みや応募者の経験・スキルなどを総合的に判断して厳選した人材を提案します。

ここで希望する求人を紹介してもらえなければ、その後は連絡待ちになると思います。
エージェントが「紹介できる案件がない」と判断すれば、一旦終了となるかもしれません。

もし、自分で応募したい企業が紹介してもらえなかった場合は、リクナビNEXTなど直接企業に応募できる手段を使って自分で応募出来ます。

企業に応募する

紹介された候補の中に気に入った企業がある場合は、エージェントにその旨を伝えます。

まずは、企業に応募書類を送って(届けて)くれます。

もし、エージェントが相手企業の担当者と信頼関係が築けている場合は、この時点で採用の可能性がかなり高いと思われます。
すでにエージェントと相手企業の採用担当者の中で話が進んでいるからです。

応募書類については必要に応じてエージェントの助けを借りて作成します。

企業の面接・入社試験を受ける

書類審査を通過すれば面接試験があります。
企業によっては以下のような試験も行われます。

◆専門知識テスト
◆一般常識テスト
◆適性検査(SPI,Webテストなど)
◆作文

中小企業では面接だけの所が大半かも知れませんが、大企業ではSPIなどを行う場合もあります。

試験当日はエージェントと連絡を取り合うと思います。
そして結果を報告します。

適性検査は足切りに使われる

Webテストのような適性テストは「足切り」に使われると言われます。
いくらスキルや人間性が秀でていても、適性試験が合格ラインを超えないと不採用になるらしいです。

問題自体は小中学生でも習うような内容ですが、言語問題や非言語問題を短時間で100問、200問とこなさなければなりません。

明るくて前向きでリーダー気質でチャレンジャーで気分の浮き沈みがない人・・・いねーよ!

また、適性を図るテストではその人がどんな人間かが見られます。

前向きか?とか落ち込みやすいか?とかリーダー的か?などです。
これも、ある程度対策ができるようで、答え方にセオリーがあるようです。

一般的にはリーダー的でチャレンジ精神旺盛で気分の浮き沈みが少ないような人間像が好まれるようです。

みんなそういう人物像を演じてマークシートにマークしているみたいですよ。
テスト前に「自分は万能だ!」と思えるような映画でも見るしかありませんね。

応募する企業の社員はそんな素晴らしい人達ばかりなのでしょうか?
そんなことはありません。
むしろ偉そうにして、井の中の蛙みたいに勘違いしている人も大勢います(おっと、これは言い過ぎか?)
だから、ある程度割り切って考えましょう。

相手の立場を考えれば、変な人が入社して自分の職場環境が悪くなるのは嫌なんですね。
だから、相手を安心させるつもりで答えればいいと思います。

1人の人間の中にもいろんな一面があります。
自分の事を悪いイメージで決めつけず、良い面をアピールすればいい。
自分が「こんな人と一緒に仕事したいな」と思うような人物像を見せていけばいいんです。

嘘つきは誰だ!

また、ライスケール(嘘尺度)という質問もあります。
「私はこれまで一度もうそをついたことがない」なんていう質問があったらそれです!

「嘘をついたことが無い人間なんて世の中に1人もいない」という前提の質問です。
だからもし「はい」にチェックすると「嘘つき」という判定が下されます。

「ホントに嘘をついた事がないんだよ」と思っている人もいるかもしれませんが、それを説明する機会なんて与えられませんので、必ず「いいえ」と答えるのがセオリーのようです。

【広告】




でも、それを分かっていて「はい」と答える方、私は好きですよ。
本当に嘘がつけない純粋な方なのでしょう。

企業によって導入されている適性テストには違いがあります。
対策するなら断然「SPIノートの会」がおすすめです。

袋とじを開ければ、企業名と実施されている適性テストの一覧を見ることができます。

「SPIノートの会」からは、他にも問題集などが出版されています。
応募企業で「Webテスト」が行われることが分かっているなら、これらの本を買って問題を解きまくってください。

やった分だけ点数が上がると思うので、年齢が高めの方は「ボケ防止」だと思って頑張ってください。

採用・不採用の結果が出る。

後日、試験結果を聞くことになります。

一次面接は現場責任者、二次面接は役員面接が一般的ではないでしょうか?
二次面接以降は待遇面の具体的な話もあるかもしれません。
待遇等についてはエージェントに相談すれば、企業との間に入って調整をしてもらえると思います。

ダメだった場合は次の求人に応募します。

紹介してもらえる求人がなくなったら?

紹介してもらえる求人が無くなったら、そこでエージェントとの関係が一旦終了となります。
その後、マッチする案件が出てくれば改めて連絡があるかもしれません。

こんな方も登録をおすすめします!

登録したからと言って、無理して企業に応募する必要はありません。
以下のような方も気軽に登録して良いと思います。

そろそろUターン転職を考えたい方。

「今は都会で仕事をしているけど、そろそろUターンも考えようかな?」という方にもおすすめです。

田舎は求人数も少なく、優良求人は常に出ているわけではありません。
良い企業に出会えるようにあらかじめ登録しておけば、マッチする求人が出た時に転職エージェントから連絡がもらえます。

在職中だけど、良い会社があれば転職したい方。

「今の会社だと将来性が不安、この職種で大丈夫かな?」などの悩みを抱えている方にもおすすめです。

◆給料が上がるなら転職したい
◆もっと勤務時間の調整が出来るところで働きたい。

良い転職をしたければ、まずは先に転職先の会社を見つける事が大切です。
そして、転職活動は在職中にした方が良いです。

退職が決定してしまうと、いわゆる「ケツに火が付く」状態になります。
精神的にも大変ですし、妥協せざるを得なくなってしまいます。

逆に言うと、在職中というだけでプレミアものの価値があるのです。

断ることも自由にできます。

まずは転職活動をしてみて、転職したい企業の求人が本当にあるのか?、自分の客観的な価値はどれくらいなのか?を肌で感じてみましょう。

仮に求人を100件紹介されても、気に入らなければ応募しなければいいだけです。

エージェントには気兼ねせずに自分の希望を伝えて、紹介される案件を見てみればいいと思います。
最終的に転職に至らなかったとしても、それはそれでいいと思います。

何事も縁が無ければあきらめるより仕方ないです。
その後マッチする求人が出たら、改めてアプローチがあるでしょう。

今の職場に残るのも転職活動の成功のひとつ

転職活動をするうちに理想と現実のギャップ、そして自分自身が見えてきます。

「リアルな転職市場にはどんな求人が出ているのか?」、「理想の転職をするために自分に足りない物は何か?」、「自分に向いている仕事は何か?」、「本当は何がやりたいのか?」などです。

現在の職場にもまだ意義のある経験を積む機会があると感じられたなら、もうちょっと頑張ってみましょう。
モチベーションも回復し、新たな気持ちで仕事に取り組めるかもしれませんね。

そのうち思いもしない新たな展開が待ち受けているかもしれませんよ。

英語のスキルがある方

転職する上で、英語力は大きなアピールになります。
「英語が得意」とか「TOEICのスコアが高い」などの方なら上場企業や外資系企業の求人紹介も受けられます。

転職エージェントも高く評価してくれます。

マネジメント経験がある方

もし、マネジメント経験(上司として部下を持った経験)があるなら、大きなアピールになります。
マネジメント経験について経歴に書けば、応募できる求人の幅も広がります。

ハローワークだけでの転職活動は絶対もったいないです。
ぜひ転職支援を受けて優良な求人を紹介してもらいましょう。

すでに退職済みの方

もし、あなたが前職を辞めて離職中なら悠長なことは言ってられません。
登録がおすすめというより、登録必須です!

今すぐ登録しよう!

ブランクが長くなると、転職エージェントは相手をしてくれなくなります。
登録しても「申し訳ありませんが、ご紹介できる案件がありません」と門前払いされます。

「鉄は熱いうちに打て」、「案ずるより産むが易し」です。
とにかく急いで登録しましょう。

⇒ 【リクルートエージェント】

あなたの価値が下がる前に応募しよう!

休職期間が長くなればなるほど「あなたの市場価値」が下がっていきます。

そうなるともう希望の会社には入れません。
転職前よりも悪い条件で、希望しない会社に仕方なく転職することになりますよ。

合理的に活動する

時間がないので以下のように合理的に活動を進めましょう。

複数応募が基本!

◆複数の転職エージェントサービスに登録し、複数応募する。
◆複数の求人サイトから直接企業に応募する。(何社でも一括応募できる)
◆ハローワークからも応募する。(2社~3社まで)

応募した求人の結果を1つ1つの結果を待つ必要はありません。
実際に転職エージェントも「どんどん応募しましょう」と言ってきます。

半年が勝負!

断ることはいつでもできます。
あなたの価値は下がる前にどんどん応募しましょう。

離職期間が半年を超えないうちが勝負です。

気を遣っている場合ではない!

最終面接を通過した後でも入社を断ることはできます。
「エージェントに申し訳ないな~」なんて思う必要はありません。

相手は仕事でやっています。
こちらは仕事を失っている立場です。
こちの方がよっぽど気の毒な立場なのです。

どこで妥協するか決める!

あと、自分で妥協ラインを決めることが必要です。
失業して半年たてば、エージェントも採用企業も興味を持ってくれなくなります。

それまでに転職を決めた方が良いです。

ベストな転職でなくてもベターで良しにしましょう。
ある程度気に入る企業だったら入社してみて良いと思います。
無職になるよりマシでしょう。

転職エージェントに紹介を断られたら?

退職から半年以上経過して転職エージェントサービスを断られるようになったら、残念ですがよっぽどマッチした専門職などの求人が出てこない限りムリです。

転職エージェントサービスの利用はあきらめて、自分で「リクナビNEXT」などの求人サイトや「ハローワーク」を利用して、企業に直接応募しましょう。

利用するメリット

高待遇の優良企業が多い!

転職が決まると、求人企業からエージェント企業に報酬が払われます。
100万円とか年収の半分とか言われますよね。

リクルートエージェントが紹介する企業は、本気でコストをかけて優秀な人材を探しています。
人材に投資する予算額も大きいです。

だから、自然と優良企業が集まってきます。
休日や有給休暇、退職金や企業年金、労働組合の有無などあらゆる面で条件が良いです。

逆に言えば、お金のない企業は転職エージェントが使えず、ハローワークで求人を出すという事です。

企業の採用担当者と関係が深い

エージェントは直接企業に出向いて求人を集めてきます。

企業側もお金を掛けて採用しますから本気度が違います。
しっかりと求める人材像を伝えてきます。

ハローワークで求人票をみると、具体性のない求人内容を良く見かけます。
給料15万円~40万円とか見ても「なんだこれ?」って思いませんか?
こういう企業は、いざ応募してみると、案の定給料は手当込みで15万円とかです。
ボーナスだって○ヶ月って書いてあるけど、基準が基本給なのか手当込みなのかもわからない。
さらには国の助成金欲しさの採用だったり、全く採用する気がなかったりといろいろです。

でも転職エージェントはそんなことはありません。
企業の担当者から、業務内容や方針、雇用条件や待遇、福利厚生、職務内容、必要スキル、資格、ポスト、就労環境、組織内の人間関係など様々なことを把握して教えてくれます。

上司となる人はどんな人か?なぜ求人が出たのか?など質問すれば答えてくれますよ。

給料についても、まずは年収を教えてくれます。
そのほか、給料やボーナスの詳細や過去の実績、昇給や将来性、昇進などについても教えてくれるでしょう。

転職市場のリアルな現状を教えてもらえる

エージェントはどんな業界の求人が多いか?どんな職種が人気があるのか?将来性のある業種はどれか?など色々なことを知っていますので、転職活動をするうえで参考になります。

また、自分のキャリアプランについて話せば、どんなキャリアステップがあるのか教えてくれます。

応募の手助けをしてくれる

書類作成

応募書類の作成についていろいろとアドバイスをしてくれるので、相手企業へ的を射たアピールが出来ます。

その他職務経歴書の書き方等も指導してくれると思います。

面接の対策

面接ではどういった質問をされるのか?それで何を知ろうとしているのか?どういった答え方がいいのか?など、過去の応募者の体験を踏まえてアドバイスしてくれます。

企業との調整をしてくれる

めでたく合格となっても、給与額や勤務地などについて希望とずれがある場合もあるでしょう。

そういった場合は転職エージェントが応募者と企業の間に入って調整してくれます。

他の転職エージェント

リクルート系以外に以下のようなサービスがあります。

マイナビエージェント(関東・関西がメイン)
◆DODA
type
◆en転職
◆パソナキャリア
◆地域に特化した人材紹介会社

他にもたくさんあります。
全部登録すればいいと思います。

それぞれにしか出ない求人もありますので。

最後に!

あなたの笑顔が素敵なら、きっと運も開けますよ!
人生はやってみれば楽しいことだらけです。
人との出会いがあなたを育てます。

職も人との出会いです。
新たな出会いを楽しみましょう。

では!

【広告】


 - 転職サイト

  関連記事

リクナビネクスト-01
リクナビNEXTで転職!【登録が簡単で使いやすいと評判!】

リクナビネクストは女性におすすめの転職サイト! 初めて転職サイトを利用するなら、 …